新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

大会用デッキ(無制限)

 新甲虫王者ムシキング2016 3rdの情報もちらほら出てきて、早めに色々カードをゲットしておきたいところですね。

 ところで、ゲームを進めていくうえでは余程のことをしない限りは敗戦にはならない設定になっています。それゆえに自分の好きなムシカードを使ったデッキを使って進めていくことが楽しいですよね。しかし、敢えてここでは大会攻略用のデッキを書いていきます。

 

  まずは。大会用デッキ。

 大会はカード制限なしの公式大会 と ★10個の制限があるデッキ

 この2つがありますが、まずは無制限から。

 

現在多く使われていて安定した強さをみせるムシカードは

・ヘルクレスオキシデンタリス

・アクティオンゾウカブト

・タランドゥスツヤクワガタ

です

 

ヘルクレスオキシデンタリスはどこでも有名になった王道デッキで

おたすけ相性(パーパーチョキ)に合わせて

ゴライアスオオツノハナムグリ・ニシキオオツバメガ・テイオウゼミ

これは相当強いですね。

おたすけ相性にグーないけれど、ゴライアスオオツノハナムグリがグーで勝った時にお助け発動なので、最初からグーチョキパー全部でおたすけ発動条件を満たしているということです。しかも、ゴライアスオオツノハナムグリとテイオウゼミは「たいりょく型」のステータスであり、テイオウゼミのおたすけダメージは他より強いと。文句なしですね!

 

タランドゥスツヤクワガタは超大型の基本ステータスで「たいりょく」120が大きいですね。2016 2ndでアレクサンドラトリバネアゲハがおたすけ相性グーで超大型なら「たいりょく」40ですから、さらに「たいりょく」モリモリにできるようになりました。

 

アクティオンゾウカブトはタランドゥスツヤクワガタにはかなわないものの超大型で「たいりょく」110。さらにおたすけ相性が(グーチョキパー)ときてます。

アレクサンドラトリバネアゲハ・テイオウゼミ・コノハムシでデッキとすると、初期状態でグーチョキパーすべておたすけ発動状態であり、3種とも「たいりょく型」。これも凄いですね。

 

ここまで来ると、いくつかの疑問が出てくるかと思います。

大会では「たいりょく」の高いデッキが有利な戦いをするんです。

この辺も追々説明していきます。

そして「たいりょく型」のムシカード・おたすけカードが必要でさらに理想はキラカード。

この辺の攻略法も考えていきましょう。

スポンサーリンク