新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

第41回ムシキング研究所

今回もムシキング研究所を読み解いていきます。

 今回のムシキング研究所は各ムシ・各おたすけの捕れやすいステージが書かれています。どのカードが、どの確率で捕れるかは当然シークレットのデータですから、これはいいヒントになるかもしれません。

ステージ名を統一

 2016 1stで登場したステージを1~5ステージ、2016 2ndで登場したステージを6~8ステージと呼ぶことに統一されました。シュウとレイジで色々微妙に違ったりしていたので、この統一の呼び方は僕は大賛成です。

アクティオンゾウカブトの捕れやすいステージ

 1位:8ステージ、2位:赤いニジイロクワガタ登場!ステージ
 僕の見解としては、アクティオンゾウカブトはちょっと出やすくしすぎてる感じがあります。狙うと難しいのかもしれませんが、ほかのカードを狙いつつ偶然出会えるカードと思っていいと思います。

マンディブラリスフタマタクワガタの捕れやすいステージ

 1位:ムシの春が来た!ステージ、2位:8ステージ
 僕はムシの春が来た!ステージで捕獲しました。メキシカンレッドニータランチュラと一緒に狙ったので気持ちは楽でした。

パラワンオオヒラタクワガタの捕れやすいステージ

 1位:1ステージ、そしてライブハウス・タランドゥスで覚醒を忘れなく。
 1ステージが出やすいとは。。。意外でした。これは1ステージの回数が極めて少ないので何とも分かりません。

アトラスオオカブトの捕れやすいステージ

 1位:3ステージ
 アトラスオオカブトは7ステージの3戦目ユキヒコからもらえることがあります。

セアカフタマタクワガタとヒルスシロカブトの捕れやすいステージ

 1位:5ステージ
 この辺も2016 2ndになってからほとんどやってないステージでした。

オウゴンオニクワガタの捕れやすいステージ

 1位:8ステージ
 6ステージの3戦目エイキチからももらえることがあります。

ニジイロクワガタの捕れやすいステージ

 1位:赤いニジイロクワガタ登場!ステージ
 これは赤い方をねらいたいですね。僕はVガジェのマスターブラック戦後に捕れました。普通の色の方です。

コノハムシとギンヤンマの捕れやすいステージ

 1位:6ステージ
 ここはハナカマキリとナナフシが大量発生しているイメージです。ギンヤンマまでならともかくコノハムシも狙うのが難しいですね。

アレクサンドラトリバネアゲハとヤエヤマクマゼミの捕れやすいステージ

 1位:7ステージ
 アレクサンドラトリバネアゲハを狙うならここでしょうね。でもすごくすごく出にくいです。結構やりこんでいるつもりですが、3回しか見たことがありません。

ゴライアスオオツノハナムグリとミイデラゴミムシの捕れやすいステージ

 1位:2ステージ
 たしかにミイデラゴミムシがほしくて、このステージをしたら運よく1発でゲットできました。

テイオウゼミとゴライアストリバネアゲハの捕れやすいステージ

 1位:4ステージ
 テイオウゼミは2016 3rdは出てこないでしょうから絶対ほしいですよね。

メキシカンレッドニータランチュラの捕れやすいステージ

 1位:ムシの春が来た!ステージ
 あたりまえですね。ここでのみ狙えます。

ヒゲナガカミキリの捕れやすいステージ

 1位:マサオ助手の新研究!ステージ
 やっと情報がでてきましたね。4月13日解禁とのことです。どうしてもほしいカードというわけではありませんが、コレクター心をくすぐる感じですね。


精神衛生上、2種類くらいを狙いながらステージを回っているのは非常に良い状態なんです。それが、あと1種類とかで特定のカードを狙うことになると途端に苦しくなりますね。無理しない程度にがんばりましょう。

スポンサーリンク