新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

回復のおたすけカード

おたすけカードといえば「追撃ダメージ」というイメージかもしれません。しかし、おたすけカードの中には「たいりょく」を回復するカードがあります。回復量についてまとめます。

回復のおたすけカード一覧

レア 名前 発動条件 継続回復 係数
SSR アレクサンドラトリバネアゲハ グー たいりょく半分以下の時グーで勝つ 3ターン 0.25
SR オオムラサキ グー 負けの後に勝つ なし 0.20
SR ミヤマカラスアゲハ チョキ たいりょく半分以下の時チョキで勝つ なし 0.20
SR ゴライアストリバネアゲハ パー 負けた後に勝つ なし 0.20
R クロアゲハ チョキ たいりょく半分以下の時チョキで勝つ なし 0.15
R アオスジアゲハ パー たいりょく半分以下の時パーで勝つ なし 0.15
R ゲンジボタル グー グーで勝つ なし 0.15
R ナナホシテントウ パー パーで勝つ なし 0.15
R オオミズアオ チョキ チョキで勝つ なし 0.15
N ナミアゲハ パー たいりょく半分以下の時パーで勝つ なし 0.10
N モンシロチョウ グー たいりょく半分以下の時グーで勝つ なし 0.10
N オオスカシバ チョキ チョキで勝つ なし 0.10
N キイロテントウ チョキ 負けた後に勝つ なし 0.10
N ヤママユガ パー たいりょく半分以下の時パーで勝つ 3ターン 0.10

一部確認していないものも含んでいます。後日訂正の可能性があります。

回復のルール

 この計算式は非常にシンプルです。
上記のごとく、SSRなら0.25、SRなら0.20、Rなら0.15、Nなら0.10というようにレアリティ別に係数が決まっています。それにデッキのたいりょくを掛けるだけです。なので、回復量は、

デッキのたいりょく合計(おたすけ相性を含める)×係数

となります。

回復の使い勝手

 回復の技は、大会か否かでずいぶん使い勝手が違うと思います。今までも言ってきたように、基本的にはたいりょくが非常に大きな要素になっているゲームです。ですから直接的にたいりょくが回復するということは、大きく戦況を有利にする可能性があります。
 正直、NやRの回復量はごくわずかですので、回復技を使いたいならばSRかSSRがいいと思います。特に継続回復までついていて、超大型でたいりょく+40のアレクサンドラトリバネアゲハは既に化け物ですね。
 そして、大会ではなくバトルを勝ち進んでいくうえで回復技はあまり必要がないかと考えます。

手の読みあい

 大会になると、手の読みあいになるわけですが、まず最初に考えることは必殺技を発動させないようにすること
だと思います。次くらいに考えるのが、やっかいなおたすけを発動させないことだと思っています。回復のカードが、実力以上に「出されたら嫌な手」を作ってくれていたとしたら、すでにカードとして役に立ってると思います。アレクサンドラトリバネアゲハ(グー)が相手にいて、相手のたいりょくがあとわずかまで削ってきたとしたら、、、こちらはチョキは出したくないですよね。そういうカードだと思っています。

スポンサーリンク