新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

次世代ワールドホビーフェアレポート

 新甲虫王者ムシキングのブース情報を速報いたします。
 

土曜日のWHFカップ

午前の決勝戦は
覚醒パラワンオオヒラタクワガタ キイロテントウ ベニシジミ ギンヤンマ

vs

アクティオンゾウカブト クマバチ ナガコガネグモ ナミテントウ

 でした。
 たいりょく192vs180ということで、予想通り☆9個にしてはかなりたいりょく重視が勝ち上がりましたね。
 覚醒パラワンオオヒラタクワガタの優勝でした。

午後の決勝戦は
覚醒パラワンオオヒラタクワガタ ギンヤンマ ハンミョウ キイロテントウ

vs

アクティオンゾウカブト ジンメンカメムシ モンシロチョウ ツマグロオオヨコバイ

 でした。
 こちらは、たいりょく167vs215となっており、アクティオンゾウカブトのほうはたいりょく重視、覚醒パラワンオオヒラタクワガタはバランス重視ってとこでしょうか。
 アクティオンゾウカブトの優勝でした。

 優勝チームのたいりょくは、午前が192、午後が215でした。やはりたいりょくですね。
 
 

26日8:00更新

 特別入場ゲート前で7:30から本人確認と手荷物検査が始まりました。
 おそらく1000人近く列んでると思われます。ムシキングネタを話してる人は、、、あまりみません(汗)
 
 

26日9:30更新

 試遊モードのようで、1ラウンド先取。相手はマスターブラックでヘルクレスリッキーブルー。ダメージは、通常の計算通り。虫採りは1回のみ。金ムシの飛び込みを確認。キラはおそらく以前とかわらずのペースで入っている。ヒントは、超簡単モード。
 排出カードは、キラカードでなくとも超大型のステータス。
 2016サードまでのカードは大型ならそのままのステータス。
 
 

26日11:30更新

 試遊では、ヘラクレスリッキーブルーや、オオスズメバチといった激闘1弾のSSRも排出されています。
 
 

日曜午前の部決勝

アクティオンゾウカブト ツマグロオオヨコバイ ニイニイゼミ クマゼミ

vs

覚醒ヘルクレスオキシデンタリス ショウリョウバッタ ツクツクボウシ キイロテントウ

 
アクティオンゾウカブトの勝ち
 
 

激闘1弾でステータスが変わるカードの扱い

 今までのカードは、ステータスや相性含め、今まで通り全く同じで使うことになります。新しいステータスになったムシたちは、名前こそ同じだけれども、違うムシと認識したほうが分かりやすそうです。
 
 

日曜午後の部決勝

アクティオンゾウカブト クジャクチョウ ツマグロオオヨコバイ ショウリョウバッタ

vs

覚醒ヘルクレスオキシデンタリス ツクツクボウシ ツマグロオオヨコバイ チョウトンボ

 
アクティオンゾウカブトの勝ち
 
 

☆制限大会用のシステム

 例えば今回のように☆9個制限ですと、カードスキャンの時に「☆:0/9」という表示が出ます。SSRムシをスキャンすると「☆:4/9」となり、さらにNおたすけムシをスキャンすると「☆:5/9」のようになります。今日の説明では、☆がオーバーするようだと、カードをスキャンできないようになっているそうです。
 

スポンサーリンク