新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

激闘1弾でのキラ回しについて

 キラカードの確定タイミングが変わりましたので、キラ狙いの方法を改めてまとめておきます。
 

以前のシステム

 2016サードまでは、特殊状況でない限りは次のクレジットがキラカードだと教えてくれるシステムでした。なお、特殊状況とは、きろくカードを作成した直後や、追加コインでカードを出し切ったときでした。
 この問題点は、次がキラだと分かっているのにプレイを次の人に譲らないといけないこと。人によっては、敢えて追加コインをして必要ないカードをキラカードとして排出した人もいるかもしれません。また、理論上は遠くでプレイを見ていて、キラカード確定したら並ぶということもできなくはないです。その対策なのか、キラ確定したら次のプレイもしていいよという公式popが出ているお店もありました。しかし、公式popだとしても貼っていない店舗はどうなるのかなど、問題をたくさんはらんでいました。その代り、次のクレジットでキラと分かれば、覚醒ムシなどは間違いなくキラにできるという利点もありました。
 そのへんについては以前もこのブログで問題提起しておりました。
www.tab-ryan.com

 
 

変更点

 次のカードがキラであることは「もう1回プレイしよう」という気にさせますので、メーカー側としては導入したいシステムだったと思われます。しかし、前述の如く問題点も多くあり、それを受けて(だとおもいます)今回から変更となりました。具体的には、カード選択の段階で初めてキラカードなのかがわかるシステムです。なので、「追加コインで1枚カード化できるよ」の状況では次がキラカードかはわからず、コインを追加してからキラカードかどうかの宣言がされます。
 自分のイメージでは、今まではキラカードがでたらおしまいにしようという人は結構いたと思いますので、それを知らずにその台でプレイをはじめてもなかなかキラカードが出ないこともしばしばでした。最近はそれがいくらか緩和されている気もします。
 
 

キラ狙いをどうするか

 カードに対するキラカードの率はもちろん公式な発表はありませんが以前と変わっていないと思われます。連続でキラカードが来ることもありますが、概ねキラ~キラの間隔は「5~15枚」前後が多いと思います。キラを狙うのであればおそらく覚醒のステージ3戦目とかブラックバトルとかだと思います。幸いなことにこれらのステージは網を4回振ることが出来、+1個カードをくれますので合計5回のカード排出機会があります。中央値あたりをとって、ノーマルカードが7~8枚続いたら、もしくは10枚続いたらみたいなタイミングで覚醒バトルやブラックバトルをすると、5枚排出の間にキラが出る可能性が高いと考えられます。
 
 

ブラックバトルはカード10枚ごとに

 現在のシステムだと、スタンプはカード1枚につき2個押されます。20個のスタンプでブラックバトルが出来るわけですから、無駄なくブラックバトルをしているとブラックバトルの度にキラカードに当たることも多いかもしれません。実際自分はこのまえはブラックバトル2回連続でキラカードでした。
 
 

人が並んでいるときの追加コインについて

 いわゆるキラ回しのために無駄なカードを排出させること。過去よりは少なくなったと思いますが、しなくはないと思います。キラカードかっこいいものがありますから、狙いたくなっちゃいます。そこで、人が並んでいた時に追加コインってどうなのだろうかとよく思っていました。しかし、画面に「ならんでるひとがいたら、かわってあげてね」的な表示は、追加コインのタイムリミット後に表示されるわけですから、追加コインの投入は1回のプレイ中と言っていいのではないでしょうか。しかしこればっかりは規則ではないですし、そのお店での「お作法」みたいなものもあるかもしれませんし、まだまだ難しい問題ですよね。ちょっと話はずれてしまいますが、並んでた・並んでいなかったのいざこざ等、無くなってほしいんです。ゲームですから、みんなが笑顔で楽しくできる環境を望みます。
 

スポンサーリンク