新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

激闘1弾のSSRムシは使えるか

 激闘1弾が始まり色々変更点も多かったムシキングですが、ある意味落ち着いてきました。ここでSSRムシを評価してみます。
 

ヘルクレスリッキーブルー

SSR ヘルクレスリッキーブルー
必殺技パー 相性パーパーパー
たいりょく 80
こうげき 140
テクニック 80
対コンピュータ戦 (9点)

 たいりょくが低いのは対コンピュータ戦では問題ありません。パーパーパーの偏り相性ですが、メキシカンレッドニータランチュラの相性パーでありながらチョキで発動や、ゴライアスオオツノハナムグリ・メダマカレハカマキリの相性パーでありながらグーで発動を利用すればグーチョキパーどれでもおたすけ発動が作れます。メキシカンレッドニータランチュラが敷居が一番高いように思われますが、パーフェクトVずかんに付録としてついてきましたので、利用できます。パーのあと1枚はニシキオオツバメガでもギンヤンマでも強いと思います。
 ギンヤンマ・メキシカンレッドニータランチュラ・メダマカレハカマキリのおたすけですと、今採れるカードばっかりです。
 

☆無制限の大会 (7点)

 たいりょくが少ないのが致命的です。コノハムシでブーストしたとしても、激闘1弾ではかなり簡単にできるようになった「たいりょく200」が簡単には作れません。デッキ構成としては上記の対コンピュータ戦と同じような構成になると思います。
 

☆9や☆10制限の大会 (8点)

 たいりょくの低さですが、パーはNでたいりょく30のおたすけが多いので補うことができます。オオゾウムシ・ナミテントウ・ツマグロオオヨコバイです。イメージとしてはムシカード以外はこうげき0でも構わないような構成ができるのが強みです。
 
 

覚醒ウエストウッドオオシカクワガタ

SR ウエストウッドオオシカクワガタ
チョキ 相性チョキチョキグー
たいりょく 120
こうげき 80
テクニック 100
対コンピュータ戦 (9点)

 いま旬のカブトハナムグリを利用すると、相性チョキのパーで発動ですから、グーチョキパー全てでおたすけ発動を作成できます。カブトハナムグリは係数0.3となっており、あのテイオウゼミを凌駕する追撃ダメージを出せますのですばらしいダメージソースです。
 テイオウゼミ・チョウセンカマキリ・カブトハナムグリあたりでデッキを組むと、気持ちいいダメージが出そうですね。
 

☆無制限の大会 (10点)

 テイオウゼミ・カブトハナムグリ・アレクサンドラトリバネアゲハのデッキですと、たいりょく215+15であり十分なたいりょくを得られます。追撃はチョキ0.25・パー0.3であり、グーは回復+継続回復と至れり尽くせりです。テイオウゼミとアレクサンドラトリバネアゲハは今は取得できませんが、持ってる方はなかなか良いデッキだと思います。
 

☆9や☆10制限の大会 (9点)

 ☆9だとしてもカブトハナムグリを出せます。たいりょく120も優秀であり、たいりょく30あたりのカード2枚でほぼたいりょく200となりますので強いと思います。
 
 
こうやってまとめてみると、覚醒ウエストウッド良いカードですね。

スポンサーリンク