新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

ポルテリーを使った対コンピュータ戦デッキ

 激闘2弾を楽しんでるでしょうか。ポルテリータテヅノカブトについて少し考えていきます。
 

こうげき・テクニック型

 たいりょく重視で、たいりょくブーストを必要とする大会用デッキと違い、対コンピュータ戦ではたいりょくの高くないデッキを使うこともできます。むしろ、出す手がある程度分かる状況であれば、負ける可能性がかなり低いため、極論あいこでたえられるたいりょく位しかなくてもやっていけるはずです。そう考えてみるとポルテリータテヅノカブトは使い勝手がいいかもしれません。
 
 

マスターブラックやトーリ研究員

 ところが、最近の敵ではじゃんけんヒントが無かったり、テクニックブーストしていて必殺技あたりで相当の大ダメージを食らうことが少なくありません。たいりょくが必要ないと言っておきながら、心配してしまいます。確かに負けてしまったとかいう報告も散見され、対コンピュータ戦=絶対勝利ともいかない状況のようです。
 
 

といいながらも解析が進めば負けません

 今はまだ激闘2弾始まって間もないからであって、解析が進んでいけば、そして何回か戦ううちに負けることは少ない手がわかってくるでしょう。そうしたらポルテリーは最高の相棒となりえると思います。
 
 

最近使っているデッキ

 そんなわけで自分はこんな感じのデッキで対コンピュータ戦をしています。

レア 名前 たいりょく こうげき テクニック 相性 追撃発動
SSR ポルテリータテヅノカブト 70 120 110 パーグーチョキ  
SSR メダマカレハカマキリ +20 +15 +25 パー グーで勝つ
SSR オオスズメバチ +10 +35 +15 グー 必殺技で勝つ
SSR テイオウゼミ +30 +20 +10 チョキ チョキで勝つ
  合計 130+15 190+15 160+15  

 ふつうにじゃんけん勝利の際に追撃で係数0.25が出るように意識したこうげき・テクニック型です。
 

スポンサーリンク