新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

対コンピュータ戦に限った強いデッキとは

 デッキの組み方、これは人それぞれ好みがあると思います。そんな中でもなるだけデータを重視して色々比較できないか模索してみます。
 

対コンピュータ戦デッキの重要性

 正直なところ、そんなに重要ではありません。なぜならほとんどの状況で負けないからです。しかし、以前より厳しい戦いも多くなってきたのは事実であり、ヒントなしや、つよさ400超えなどもあります。そこで、対コンピュータ戦でのデッキを考えてみたいと思います。
 
 

対人戦デッキとの違い

 対人戦に独特な、必殺技で勝ちにくいなどはありません。ありませんというと少し言い過ぎで、必殺技で勝ちにくい状況は少ないです。なぜなら、ブラックバトルの一手目のように、こちらの必殺技に勝つ手を出してくるというアルゴリズムもあるからです。
 しかし、どうみても対人戦よりは必殺技が出やすいと考えます。
 
 

じゃんけんの手によるばらつきは無いと仮定

 極論、じゃんけんの手によるばらつきは無いと仮定し考えていきます。とすると、それぞれの手で勝った時のダメージが大きいほど強いデッキと言えるかもしれません。
 
 

すべての手で追撃が発生すること

 とすれば、全ての手で追撃が発生することは一つ強い条件と考えられます。
 その条件でデッキを組んだとすると、自分のじゃんけんの手3つにおける、勝利したときの状況は、通常勝利2手・必殺技勝利1手となります。通常勝利時は「こうげき」のステータスを参照することになり、約0.3倍のダメージ+αとなります。必殺技勝利時は「テクニック」のステータスを参照し、0.6倍のダメージ+αとなります。全ての手に追撃が発生するとすれば、それは「テクニック」のステータスを参照し、約0.2倍程度のダメージ+αとなります。
 
 

実際どういうことか

 「こうげき」200、「テクニック」100、パーが必殺技としてみると
 グー:通常勝利・・・200*0.3=60 追撃ダメージ100*0.2=20 合計80
 チョキ:通常勝利・・200*0.3=60 追撃ダメージ100*0.2=20 合計80
 パー:必殺技勝利・・100*0.6=60 追撃ダメージ100*0.2=20 合計80
  
 「こうげき」100、「テクニック」200、パーが必殺技としてみると
 グー:通常勝利・・・100*0.3=30 追撃ダメージ200*0.2=40 合計70
 チョキ:通常勝利・・100*0.3=30 追撃ダメージ200*0.2=40 合計70
 パー:必殺技勝利・・200*0.6=120 追撃ダメージ200*0.2=40 合計160
 
何を言わんとしているかというと、「全ての手で1回勝つという条件下ではテクニックのほうがこうげきより重要である」ということです。
 
 

結論

 以上の論理でいけば、対コンピュータ戦に限れば、テクニック>こうげき>たいりょく の順で重要と言えると考えます。
 やっぱり、ポルテリーにバランスよくおたすけを組み込み、可能な限りテクニックを上げるというのが現状では良さそうです。
 ちなみに、覚醒ヘルクレスオキシデンタリス+メダマカレハカマキリ+ニシキオオツバメガ+ヤエヤマクマゼミなんていうデッキも相当いけてそうですね。今の激闘2弾で採れるカードが無いので、「ちなみに」にしました。
 最後にもう1つ。おたすけ相性とか○○のこうげき強化とかの計算式は分かりやすくするために敢えて無視しましたので、厳密に計算していくとズレは出ると思います。今回は細かい計算を求めたわけではありません。
 

スポンサーリンク