新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

激闘3弾のVガジェ性能

 早速新しいVガジェを使ってみました。
 

砂漠のVガジェ

 クワガタのVガジェになります。Vアタック名は「デザートボルケーノ」
 係数は0.25でした。
 
 

嵐のVガジェ

 カブトのVガジェになります。Vアタック名は「ハリケーンストライク」
 同様に係数は0.25でした。
 
 

ここまでのVガジェ強さの法則

 これまでのVガジェ強さの法則は、基本が一番最初のVガジェである炎と水の係数0.3になります。このVガジェは純粋にダメージがでかいのみで、追撃効果はありません。
 そして、Vガジェ&カードセットの炎と水は、特典的な意味合いで、スーパーVガジェとして+0.02され、係数0.32でした。
 逆に、追撃効果があるVガジェは0.3より低い0.25が基本係数となっています。考え方としては0.05分を追撃効果に交換したというイメージで良いでしょう。
 と、ここまできたら、「追撃効果のある」そして「Vガジェ&カードセット」のスーパーVガジェである、雷と氷は係数0.25+0.02=0.27となるわけです。
 で、今回のVガジェは「追撃効果のある」Vガジェですので、ある意味予想通り係数0.25だったということです。
 
 

通常ダメージを耐えてもおたすけの追撃でやられます

 当たり前といえば当たり前なのですが、Vガジェは発動済みで1回はたいりょく0にならずに耐えられる状態だったとします。瀕死の状態でじゃんけんに負け、ムシの通常攻撃で事実上たいりょく0になったとします。ここは耐えられてたいりょく1になりますが、追撃ダメージがやってくると、普通にやられてしまいます。
 
 

総合評価

 係数0.25ですので、比較材料は割と多いです。氷雷、地風、森熱が同じ係数0.25ですが、それぞれ追撃効果はおたすけ封じ、じゃんけん封じ、たいりょく回復です。これらと今回の「1回だけ瀕死で耐える」の価値が比較対象となります。じゃんけん封じとたいりょく回復は間違いなく効果がある追撃です。じゃんけん封じは発動の次のターンは絶対負けない手があります。回復はもちろんその場で回復します。とても有効と言えます。それに対しおたすけ封じは、もしおたすけを全部使用済みであったら意味がありません。しかも1ターンですので効果は限定的で、いわば無駄になってしまうこともしばしばあります。おたすけ封じよりは価値があるかもしれませんが、じゃんけん封じや回復には及ばないと判断しました。
 

スポンサーリンク