新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

Vブースターの検証(2)

 早速行き詰ってる感じもあります。
 

水・炎のブースターは

 Vブースターには水と炎のようにカブトとクワガタで対になるように属性があります。公式にもちょっとわかりにくい感じだったので、まずはここから色々してみました。
 
 

クワガタに水のVブースターとは

 公式には「クワガタ型のVブースターは、クワガタ系のムシに有効だぞ」と書いてあります。自分的にこれがわかりにくかったので、アルケスツヤクワガタで炎のVブースターのついたカードと、同じくアルケスツヤクワガタで水のVブースターがついたカードが排出できましたので、ダメージを比較してみました。
 アルケスvsアルケスで戦ってみると、水のVブースターのダメージのほうが大きく出るようです。
 言える可能性があるのは、アルケスツヤクワガタを使用しているので「自分のクワガタ系カードに水のVブースターの相性が良い」「相手がクワガタ系カードなので水のVブースターの相性が良い」のどちらかです。
 
 

ダメージは何を参照しているか

 ムシキングでは今まで、つよさ・たいりょく・こうげき・テクニックどれかのステータスを参照してダメージが決定されていることがほとんどでした。なので、デッキのステータスを色々変えてみてVブースターを発動させてみました。
 少なくとも、デッキの性能を上げてもVブースターダメージが上がることはありませんでした。これが意味するところはステータスを参照していない可能性があるということです。しかも、ダメージに一定の法則性はありそうなものの、同じような状況でもダメージが変動しているようです。もしかしたらランダムダメージなのか、はたまたこちらの残りたいりょくや相手の残りたいりょくなど、その場その場で変わるものを参照しているのか・・・。今までとは少し違う感じになってきました。
 
 

色々仮説が立てられそうです

 そんなわけで、思っていたより苦戦しそうです。色々仮説を立てながら検証していかないといけないようです。
 

スポンサーリンク