新甲虫王者ムシキング攻略・検証

新甲虫王者ムシキングの攻略や検証を書いています

新甲虫王者ムシキングの思いで(1)

 新甲虫王者ムシキングとの出会いから激闘シリーズ開幕まで
 

はじまりは2015スカイツリーから

 実は、新甲虫王者ムシキングの前にあたる、「新」がつかない方の甲虫王者ムシキングはプレイしたことがありませんでした。そういう意味では古参ではありません。2015年にスカイツリータウンで行われた大昆虫展でムシキングと出会いました。といっても大昆虫展自体、本当の昆虫を見に行ったので、ムシキングはあくまでも「おまけ」でした。その後は特にプレイすることも無く、カードはありましたが、なんとなく眺めるくらいのカードでした。
 
 

近くの店舗にムシキングを発見

 たしか既に2016年になっていたかと思います。近所の店舗でムシキングの筐体を発見し、そういえばカードもっていたな。的なノリでプレイしました。SSRタランドゥスツヤクワガタが目玉カードでしたが、採れませんでした。いい意味でも悪い意味でも?この時に、もっと頑張らねば欲しいカードは採れないし、強いカードが欲しいと思いました。
 
 

2016セカンド

 2016セカンドは本気になってムシキングを行った初めての弾です。SSRアクティオンはたくさん採りました。当時はキラカードにしないと最強のカードには成り得なく、個体値+も相まって、今よりも厳しい厳選をしていました。ある日の1プレイ目でSSRテイオウゼミが出て、さらにキラ化に成功したのは今でもよく覚えています。あの店舗だったな・・・。なんて思い出します。SSRアレクサンドラトリバネアゲハもキラ化出来た時は興奮しました。
 
 

公式大会優勝

 そんな本気でカードを集める中、公式大会にも興味を持ち、何戦かしました。対コンピュータとは違い、たいりょくを増やさないと勝ちにくいなど、全く違う方向性でのデッキを組まなければいけないことを知り、さらにのめり込みました。そしてついに公式大会で優勝まで至ることが出来ました。決勝戦はファイナルバトルでの決着で、お互いにあと1回勝てばK.O.というところでVガジェを使用し、あいこだったのですがVガジェの効果でダメージが減弱したために自分が勝てました。Vアタックではないのに、Vガジェを使用したことによって勝てたという珍しい勝ち方でしたが、思い出深い試合でした。手に汗握るとはこの事でした。賞状は今でも大切にとってあります。当時はカード型ミニ賞状が無かったので、公式大会優勝者ですけれど、きろくカードを公式大会優勝者カードにすることはできませんでした。
 そういえばあのときIDをメモされたのですが、何に使われたのでしょう?大会優勝者はどんだけヘビーにプレイしているか?の確認だったのでしょうか?(笑)
 

2016サード

 2016サードは、ムシキング最高最大の思い出です。赤い目のタランドゥスツヤクワガタがどうしても欲しかったのです。前述の如く、SSRタランドゥスが採れていなかったのも理由ですし、何周しても赤い目をもらえないのも燃えた理由でした。自分としてはもうあきらめていたのですが、あと数日で2016サードが終わるというある日、ちょっとだけムシキングができる時間があり、いつもと違う店舗で1周だけプレイしました。そこでまさかの赤い目ゲット、さらにキラ化成功という奇跡が起き、さすがに声が出てしまいました(汗)
 
 

激闘シリーズへ

 次世代ワールドホビーフェアで激闘1弾の先行試遊ができると聞き、遠征しました。その場では排出できるが、まだ店舗の筐体では使えないカードという位置づけであり、あのワクワク感は最高に楽しかった思い出です。SSRリッキーブルーが激闘シリーズの目玉という感じでした。
 本物のトーリ研究員とセクシー斎藤さんの掛け合いによる試合実況はその場が盛り上がり、最高に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。
 

スポンサーリンク